数字で見る専修学校

専修学校では、多くの学生が将来の仕事を意識して学科を選び、希望の分野での就職を⽬指し、勉強に励んでいます。近年では、医療や衛⽣分野を⽬指す学生の割合が増えており、こうした分野の担い⼿の養成に貢献しています。

学校数・学生数

学校数学生数
専修学校 3,084 662,157
大学8032,918,318
短期大学315102,231
令和3年度文部科学省「学校基本調査」より

課程別学校数

課程学校数
専門課程 2,756 
高等課程397
一般課程138
3,291
令和3年度文部科学省「学校基本調査」より

課程別学生数(私立専門学校)

課程学生数割合
専門課程584,14491.43%
高等課程33,7395.28%
一般課程21,0213.29%
638,904100.0%
令和3年度文部科学省「学校基本調査」より

岡山県(私立専門学校)

課程学校数学生数
専門課程519,257
高等課程3165
令和3年度文部科学省「学校基本調査」より

※複数の学科を併設している学校は、それぞれの課程で計上しています。

分野別学生数

分野入学者数分野別割合
工業関係45,64214.5%
農業関係2,3830.8%
医療関係67,49021.4%
衛生関係40,40512.8%
教育・社会福祉関係15,7505.0%
商業実務関係42,86213.6%
服飾・家政関係9,4093.0%
文化・教養関係91,51029.0%
315,451100.0%
2020年度 文部科学省「学校基本統計」より

就職率の推移

専⾨学校は、例年80%前後の⾼い就職率を⽰しており、さらに⾃分が学んだ専⾨的な学習と関連の深い分野に多くの就職し、活躍しています。
また、専⾨学校(修業年限4年以上)、専⾨学校(修業年限2年以上)、⾼等専修学校(修業年限3年以上)の卒業⽣については、国家公務員の場合、⼈事院の初任給等に関する基準が適⽤され、それぞれ⼤学卒、短期⼤学卒、⾼等学校卒と同等に扱われ、⺠間においても同様の傾向にあります。

専門学校の各分野別の講義、実習・演習、企業内実習の割合

専修学校教育の大きな特色は、実践的な職業教育・専門的な技術教育に力を入れていることです。分野により違いはありますが、講義形式の授業に比べて多くの時間を実習に割いています。

※専門課程を設置する専修学校に対しアンケート調査を実施
※総開設授業時数に占める各科目の授業時数の割合を算出
※「企業内実習」は企業や病院等において行われる実習であり、インターンシップを含む。

文部科学省 平成27年度「職業実践専門課程の実態に関する調査研究」